japaneseenglish

news event

プレスリリース

2015年6月26日

WIDEインターネット 100Gbps化へ向けて

WIDEプロジェクトは、超高速で大量のトラフィックへの対応が予想される未来のインターネット環境のデザインのために、従来の10Gbps/40Gbpsベースのシステムに加えて100Gbpsに対応した研究用テストベッドの設計・実装・運用に着手しました。
この実現に向けて、我々は華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)と共同で、研究用バックボーン・ネットワーク「WIDEインターネット」を100Gbpsベースへ拡張するための機材更新を開始しました。
すでに、慶應義塾大学や東京大学などのWIDEプロジェクト拠点間の相互接続部分の更新を完了しており、6月10日〜12日に幕張メッセで開催されたInterop Tokyo 2015では、会場に構築された先端技術の検証ネットワークであるShowNetとWIDEインターネットを接続することで、最先端のネットワーク技術とその未来に触れる機会の提供に寄与しました。また、世界最先端の観測施設を擁する国立天文台(三鷹市)にも接続し、日本のみならず世界の研究者へ提供される膨大な観測データの超高速伝送を支援しています。

詳細については以下を参照願います。

http://www.huawei.com/jp/about-huawei/newsroom/press-release/hw-439966.htm


  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞