japaneseenglish

about wide

Application Area

インターネットを用いた応用技術の、その実装、実験、応用などについて議論する

WiL

  • 名称   :ワイヤレス位置情報プラットフォーム(WiL) WG
  • テーマ  :無線を用いた位置情報プラットフォームを構築する。
  • 代表   :河口信夫
  • 活動開始日:2006/05/30

活動内容:
無線LAN技術の急速な普及により、人が社会活動を行うあらゆる場所で無線LAN基地局が観測できるようになりつつある。WiL WGでは、無線情報と位置情報を組み合わせたデータベースを構築することにより、GPS等の特殊な機器を利用しなくても、無線通信デバイスだけで位置情報 を獲得・利用可能なプラットフォームの実現を目指す。無線LANを利用した場合、屋外では20~50m、屋内では 3m~20mの精度の位置情報の取得が可能になる。特に屋内での位置情報の応用が期待できる。
また、位置情報システムの構築には、WiFiの利用が基盤となるが、WGとしてはWiFiにこだわらず、WiMAX,GSM,IMT-2000, PHS 等を用いた技術も検討する。

具体的には以下の活動を実施する。

  • 無線LAN位置情報ポータル Locky.jp の開発・運用
  • 無線情報・位置情報データベースの構築・標準化
  • 位置情報サービス用屋内・構造物3次元情報の検討・標準化
  • 無線LAN位置情報収集ソフトウェアの研究・開発
  • 位置情報応用システムの研究・開発
  • 無線LAN位置情報システムを利用する他組織との連携検討
  • 海外位置情報研究機関との連携

活動計画:

2006年度 2006/08 Lockyシステムの利用マニュアル公開
  2006/09 WIDE秋合宿にて1stWGミーティング開催
  2006/12 10万アクセスポイントDBの構築
WLDB(WiFi Location DB)の内部試験公開
屋内構造データの表記方法検討
  2007/01 Locky.jp 情報サービスの開始
  2007/03 20万アクセスポイントDBの構築
屋内構造データの表記方法決定
WLDB試験公開
WIDE春合宿への移動にてDB利用試行
2007年度 2007 前半 WLDB利用デバイスプロトタイプの開発
屋内構造データの構築(駅・地下街等)
  2007 後半 屋内構造データのLocky.jp ポータルへの導入
Locky.jp 宣伝活動
  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞