japaneseenglish

about wide

Operation/Management Area

インターネットにおけるネットワークおよびサーバの管理・運用技術に関して議論する

Trouble Ticket System

  • テーマ: 広域ネットワークの分散運用に適したTrouble Ticket Systemに関して議論し、実装を公開する
  • 代表: 森島直人、長谷部克幸、藤枝俊輔
  • 活動開始日: 2003/10/02

広域ネットワークの分散運用に関し、トラブルチケットや各種のデータベースを中心とした運用支援システムを構築する。その際、以下の点を中心に議論と実装を進める。

  1. 拡張性
    運用のワークフローや管理が必要な情報は、管理主体によって大きく異なることが一般的である。そのため、必要に応じて拡張できる柔軟な構造が必要である。
  2. 頑健性
    トラブルチケットシステムはネットワークを利用するため、管理対象のネットワーク障害に対して頑健である必要がある。具体的には、システムの分散化による ネットワーク分断への対応と、分断復旧後の整合性が確保できなければならない。
  3. 導入の容易さ
    バックエンドのデータベースやフロントエンドに束縛されない構造が必要である。そのため、モジュール間を接続するプロトコルを規定する。また、バックエンドに関しては XIRD WGと協調する。

また、トラブル解決と長期的な改善項目との統合的なタスク管理を目指し、トラブルチケットと連携したTODO管理システムを構築する。トラブルには即座に 解決できる部分と、長期的にしか解決しない部分が存在し、後者は個人または管理団体の継続的タスクである。これに必要な進捗管理や情報共有を支援するアプ リケーションを開発する。

活動計画:

2004/12 バックエンド用サーバを XIRD WGと共同開発、プロトタイプを作成(TTS)
2005/02 Webベースのフロントエンドを擁したTTSプロトタイプを作成(TTS)
2005/03 プロトタイプを作成(TODO管理システム)
2005/06 トラブルチケットシステムをN+Iの運用で利用、実証実験(TTS)
  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞