japaneseenglish

about wide

完了したワーキンググループ


roft

  • テーマ :フロー単位でのネットワークトラフィック計測について議論する
  • 代表  :海崎 良、藤井 聖
  • 活動期間:2003/03/13 - 2006/12/30

活動成果報告:

roft WGは、netflow,sflowに代表されるflow export技術を用いたネットワークトラフィック観測技術とその周辺技術の研究開発を行なった。

本WGでは、netflowを取り扱ういくつかの公開ソフトウェアの開発を行なった上で、そのソフトウェアを用いた3種類のネットワークトラフィック監視システムの設計と実装を行なった。

また、監視システムをWIDEインターネット内の奈良先端科学技術大学院大学NOCと慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスNOCに設置し、実際のネットワーク 監視に用いた。その結果、通信先ホスト数の変化に注目することによる異常トラフィックの検出に関する実証実験を行い、論文誌への掲載や研究発表に繋がっ た。

<研究会発表>

"自由度の高い解析可能なネットワークトラフィック計測システムの実現 "
中尾 嘉宏、許 先明、中村 豊、藤川 和利、砂原 秀樹
信学技報 CS2003-106, pp. 43-48, November 2003

"フローを用いた特定トラフィック検出システムの運用"
藤井 聖、中尾 嘉宏、中村 豊、藤川 和利、砂原 秀樹
情報処理学会 2003-DSM-31

"sFlowによるネットワークトラフィック監視システムの提案"
斎田 佳輝、新井 イスマイル、市川 本浩、藤川 和利、砂原 秀樹
マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2005)ワークショップ

<論文誌>

"通信先ホスト数の変化に注目した異常トラフィック自動検出手法の提案と評価 "
藤井 聖、中村 豊、藤川 和利、砂原 秀樹
電子情報通信学会,Vol.88-B,No.10,pp.1922--1933,Oct,2005

<修士論文>

"通信先ホスト数の変化に注目した異常トラヒック自動検出手法の提案と評価"
藤井 聖
奈良先端科学技術大学院大学 修士論文,March 2005

"トラフィック特徴抽出によるネットワーク運用支援手法に関する提案と評価 "
中尾 嘉宏
奈良先端科学技術大学院大学 修士論文, March 2004

<卒業論文(学士)>

"トラブルシューティングの効率化を考慮したトラフィックモニタリングシステムの設計と実装"
高橋 宏明
慶應義塾大学 卒業論文, March 2004

<公開ソフトウェア>

netflow2mysql
netflow2xml
pcnetflow
http://member.wide.ad.jp/wg/roft/ にて入手可能

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞