japaneseenglish

about wide

完了したワーキンググループ


Global Navigation Satellite Systems (gnss)

  • テーマ  :GNSSとインターネットを利用した高精度測位に関して議論する
  • 代表   :戸辺論、石井真
  • 所属エリア:Area 5. Application Area
  • 活動期間 :2003/06/26 - 2005/07/08

活動成果

GNSS WGは,GNSSとインターネットを利用した高精度測位に関して議論するWGとして2003年に設立され,WIDE研究会,WIDE合宿でのBoFおよびMLを主な議論の場として活動を行ってきた.
本WGでは,高精度GNSS測位基盤のテストベッドとして,関東の5局,関西の1局の計6局から構成されるインターネット基準局ネットワークの構築を行 い,測位誤差に対する補正情報をインターネットから提供する実験を行ってきた.このネットワークによるD-GPS補正情報は,ICAR WGのテストベッド環境にも提供されている.
しかし最近では,議論の対象がGNSSによる測位だけにとどまらず,複数の測位デバイスによるさまざまな位置表現を統合的に扱う「ロケーションプラットホーム」などにも広がりつつある.
そこで,位置情報について,その取得から管理・流通,利用に至るまでの広い視野で議論を行うため,本WGと位置情報管理機構について研究を行ってきたGLI WGを合併し,議論の場を新WGに移すこととする.

論文:

戸辺論,和泉順子,浅子正浩,石井真,植原啓介,砂原秀樹,“インターネットを基盤とした高度衛星測位環境”,信学技報 ITS2004-15,pp.45--50,Jul 2004.
斎藤充治,戸辺論,植原啓介,砂原秀樹,“位置表現を考慮したシームレスな位置情報取得のためのプラットフォームの提案と実装”,第46回プログラミングシンポジウム報告集,pp.95-106,Jan 2005

WIDEプロジェクト研究報告書:

GNSS WG,“インターネットとGNSSを利用した高精度測位”,2003年度 WIDEプロジェクト研究報告書,Mar 2004.
GNSS WG,“インターネットとGNSSを利用した高精度測位”,2004年度 WIDEプロジェクト研究報告書,Mar 2005.

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞