第 5 部 ISDNデータリンク(pdf)

1 序論

2 背景

2.1 BSD UNIXとネットワーク機能
2.2 交換網
2.2.1 交換網の種類
2.2.2 交換網の利用状況

3 回線交換網とデータグラム網の相互接続機構の設計

3.1 設計方針
3.2 回線交換網とデータグラム網の相互接続
3.2.1 システム設計
 ネットワークインターフェイスstub
 ネットワークインターフェイスstub機能
 モジュール階層
3.2.2 階層化モジュール
3.2.3 回線制御機構
 モジュール内回線制御機構
3.2.4 自動回線制御機構
3.2.5 アドレス変換

4 回線交換網とデータグラム網の相互接続機構の実現

4.1 モジュール階層
4.2 回線制御機構
4.3 アドレス変換
4.4 作成したモジュール群
4.5 ISDN回線交換網を利用した実現
4.6 アナログ回線交換網を利用した実現

5 IPネットワークのためのISDNゲートウェイ

5.1 回線交換網を利用したネットワークのモデル
5.2 個人的利用
5.2.1 交換網のみによりInternetと接続する場合
5.2.2 既にInternetと接続している場合
5.3 システムサービスのための利用
5.4 すべてのサービスでの利用
5.4.1 交換網のみによりInternetと接続する場合
5.4.2 既にInternetと接続している場合

6 評価と課題

6.1 結果と評価
6.2 課題

7 結論


1991 インデックスへ戻る
WIDE Home Page
(C) 1998-2016 WIDE Project