japaneseenglish

news event

プレスリリース

2009年10月27日

インターネットの技術標準化国際会議である 第76回IETF広島会議 11月8日開催

WIDEプロジェクト
IETF76実行委員会

世界の第一線の技術者が一堂に会し、インターネットの標準化に関する議論を行なう「第76回IETF広島会議(主催:Internet Society)」を開催いたします。 ホストのWIDE Project(代表:慶應義塾大学環境情報学部学部長 村井純、以下「WIDE」という。(*1))及び IETF76実行委員会(以下、「実行委員会」という。)が協力して、インターネット技術を議論する大規模国際会議にふさわしい環境を提供するとともに、ソーシャルイベント(参加者交流パーティ)等を開催し、世界40ヶ国以上から参加する産学官の技術者・研究者約1,000~1,200名の交流を図ります。

IETF(Internet Engineering Task Force)は、TCP/IPやIPv6(*2)、HTTP等、インターネットプロトコルの標準化を推進するオープンな国際組織です。IETFで策定された標準仕様は、RFC(*3)として公開され、そのメーリングリスト上では、誰もが自由に、インターネットの標準化作業に参加することができ、最新の技術に関する活発な議論が行われています。

2009年は、インターネット誕生40年の年です。そして、「クラウド」「All IP化」「完全デジタル元年」「NGN」「次世代モバイル」「ITS」「ユビキタス」など情報社会の未来にかかわる新しいキーワードはインターネットの進化とともに発展します。

今回、科学と平和のシンボルの都市広島で開催されるIETFでは、インターネット技術の標準化と運用を担うリーダーが期間を通じてさまざまな課題を議論し、今後の社会の発展に貢献するものと確信しております。

本会議の参加申込は以下のURLにてオンラインで受付中です。奮ってご参加ください。
http://www.ietf.org/meeting/76/ 「10月30日(金)(24:00 UTC/GMT) 早期割引締切」

なお、IETFとして初めての試みとして、「ワンデイパス」による1日の体験参加もできるようになりました。日程にあわせてご活用ください。


【IETF広島会議について】

IETFはInternet Society(ISOC)が主催するインターネットの標準を策定する国際会議です。IETFの会議は年3回開催されています。アジアでは2004年に韓国ソウルでの開催以来5年ぶり、日本では2002年横浜での開催以来7年ぶりの開催となります。会議は、6ないし8のWG(Working Group)のセッションが、並行して行われます。

会議の概要
  主催 : ISOC(Internet Society)
  ホスト : WIDE Project
  日本側運営組織 : IETF76 実行委員会(別紙参照)
  開催期間 : 11月8日(日)~11月13日(金)
  開催場所 : ANAクラウンプラザホテル広島
 (〒730-0037 広島県広島市中区中町7-20)
  参加者 : 世界40数ヶ国から約1,000~1,200名
  URL : IETFオフィシャルサイト http://www.ietf.org/
  IETF広島会議オフィシャルサイト http://www.ietf76.jp/

主なスケジュール(予定)
  11月 8日(日) : IETFビギナー向けセッション・ウエルカムレセプション
  11月 9日(月) : 会議(WGの会議)
  11月10日(火) : 会議・ソーシャルイベント(WIDE/実行委員会主催の参加者交流パーティ)
  11月11日(水) : 会議・IETFプレナリ(全体総会)
  11月12日(木) : 会議・テクニカルプレナリ(技術総会)
  11月13日(金) : 会議
  ※詳細スケジュールは、会議開催前にIETFのオフィシャルサイトで発表されます。

【WIDE / 実行委員会の役割について】

IETFにおいては、参加者は、会議以外の場においても、会場の参加者を含む世界中の技術者とインターネットを活用した議論を行います。WIDE及び実行委員会は、参加者が快適な環境で議論に集中出来るよう以下の取り組みを行います。

  • 会場等の手配
  • 会場内における最先端のネットワークインフラの設計・構築・運用
  • レセプションやソーシャルイベントの開催
  • 参加登録等の事務手続き
  • 宿泊施設の手配
  • その他

【用語解説】

*1: WIDE Project
WIDE: Widely Integrated Distributed Environment. 慶應義塾大学の村井純教授が中心となって設立されたオペレーティングシステムと通信技術を基盤とした新しいコンピュータ環境の確立を目指す研究プロジェクト。1988年にスタートし黎明期より、日本のインターネット技術発展において中心的な役割を果たしている。

*2: IPv6
Internet Protocol Version 6. IETFが標準化を推進している新しい通信プロトコル。アドレス数を128ビット(現在のIPv4では32ビットで、枯渇が近づいている)へと飛躍的に増大させることで、インターネットに接続できる機器の数を事実上無制限に拡張する。

*3: RFC
IETFにおいて策定されたインターネットの標準化仕様。インターネット上で公開されており、誰もが容易に参照することが出来る。従来、Request for Commentsと呼ばれていたが、現在はRFCというブランド名になっている。

お問い合わせ先

 WIDE Project
  メールアドレス  press@wide.ad.jp
  URL http://www.wide.ad.jp/
  電話 (0466) 49-3529(慶應義塾大学環境情報学部村井研究室内)
  Fax (0466) 49-1101

 IETF76実行委員会 事務局
  メールアドレス  ietf76-office@e-side.co.jp
  URL http://www.ietf76.jp/
  電話 (045) 534-3881
  Fax (045) 534-3882



IETF76実行委員会



(参考資料)

プレスカンファレンスのご案内

IETF実行委員会は、国内プレスの方を対象としたプレスカンファレンスをご用意いたしました。ご希望の方は、以下の要領でお申込をお願いいたします。

 第1回 プレスカンファレンス
  開催日  2009年11月9日(月)午後1時~午後2時
  場所 ANAクラウンプラザホテル
  内容 第76回IETF広島会議の会場見学(受付周辺、会場、NOCを予定)
IETF実行委員によるIETFについての概要説明
質疑応答
  講演者 砂原秀樹(WIDEプロジェクト 慶應義塾大学大学院)

 第2回 プレスカンファレンス
  開催日  2009年11月13日(金)午後3時半~午後4時半
  場所 ANAクラウンプラザホテル
  内容 第76回IETF広島会議 総括
質疑応答
  講演者 村井純(WIDEプロジェクト 慶應義塾大学)
江崎浩(WIDEプロジェクト 東京大学)
IETFより1名(選考中)

 ※開催時間はプログラムの進行により、変更になる場合がございます。

参加ご希望の方は、

  組織名
  掲載予定媒体名
  参加者全員の氏名
  お持込機材 
  連絡先(どなたか1名のメールアドレス、電話番号、FAX番号)

をご記入の上、

  IETF76実行委員会 事務局 (株式会社イーサイド内)
  メールアドレス ietf76-office@e-side.co.jp
  電話 (045) 534-3881
  Fax  (045) 534-3882

までご連絡ください。
登録締め切りは第1回が11月7日(土)、第2回が11月12日(木)となります。


Social Event の取材につきまして

Social Eventは、IETF実行委員会が主催した、IETF参加者のためのPARTYです。IETF実行委員会で取材のとりまとめをいたします。取材ご希望の方は、

  組織名
  掲載予定媒体名
  参加者全員の氏名
  お持込機材 
  連絡先(どなたか1名のメールアドレス、電話番号、FAX番号)

をご記入の上、

  IETF76実行委員会 事務局 (株式会社イーサイド内)
  メールアドレス ietf76-office@e-side.co.jp
  電話 (045) 534-3881
  Fax  (045) 534-3882

までご連絡ください。
登録締め切りは11月9日(月)となります。

Social Event
  開催日  11月10日(火)午後7時~
  場所 グランドプリンスホテル広島
  内容 IETF76実行委員会が主催となり、第76回IETF広島会議の参加者のためにPARTYを開催、広島らしさを演出の中心として、各種イベントを企画しております。

以上。

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞