japaneseenglish

news event

プレスリリース

2005年9月16日

「愛・地球博」の愛・地球会議クロージングフォーラムで実施する
次世代インターネット技術の実証実験について
~ 日本、アムステルダム、北京を結んだクロストーク環境の提供と、
「インターネット・メトロノーム」を用いた転送遅延時間を乗り越えた音楽コラボレーション環境の実験 ~

WIDEプロジェクト
代表 村井純

WIDEプロジェクト(代表 慶應義塾大学教授 村井純)は、来る9月21日(水)に 「愛・地球博」会場で開催される愛・地球会議クロージングフォーラムにおいて、日本、アムステルダム、北京を結び、次世代インターネットのコラボレーション技術の実証実験を行います。
 
 このたびの愛・地球会議クロージングフォーラムにおいて予定している実証実験は、以下のとおりです。
 1)「愛・地球博」会場とアムステルダムをNTT研究所が開発したi-Vistoによる非圧縮HDTV転送技術を用いて相互に接続し、インターネット・ メトロノームを用いて転送遅延時間を乗り越えた音楽コラボレーション環境の実証実験を行います。このジャズ・セッションでは、小川理子(Piano)をは じめとしたジャズ・ミージシャンが参加を予定しています。
 2)「愛・地球博」会場、アムステルダム、北京の3地点を IPv6、高画質多方向技術で結び、世界各国の学生によるクロストーク・パネル・セッションを行います。
 3)すべての実験を、アジア圏の各地点に配信いたします。

 なお、この実験は、財団法人2005年日本国際博覧会協会、NTTコミュニケーションズ株式会社、西日本電信電話株式会社、日本電信電話株式会社、アジ ア・ネットコム・ジャパン株式会社、グローバルアクセス株式会社、チャイナネットコム、丸紅株式会社北京支店、松下電器産業株式会社、朝日放送株式会社、 シスコシステムズ株式会社、株式会社パワープレイ、独立行政法人科学技術振興機構、Pacific Northwest Gigapop、CANARIE、MAN LAN、SURFnet、SARA、慶應工学会Gigahouse Townプロジェクト、慶應義塾大学の各組織の協力、および情報通信研究機構(NiCT)の「情報家電のIPv6化委託研究開発事業」と連携し、実施いた します。
 
 今回の実証実験は、次世代インターネットの最先端技術を、たくさんの人に触れていただく機会となる、極めて貴重なものです。私達は、国内外の各協力関係者とともに、ここで得た経験をフィードバック要素として、技術のさらなる発展と社会への貢献に尽くしてまいります。


■ 参考

愛・地球メッセージイベント 愛・地球会議 クロージングフォーラム 「持続可能な社会の創造をめざして」

2005年9月9日(財)2005年日本国際博覧会協会 発表文より抜粋。
http://www.expo2005.or.jp/jp/N0/N2/N2.6/N2.6.351/

9月21日(水)に長久手会場 EXPOドームにおいて開催される、「愛・地球会議」の集大成となるイベントです。 今回は、次代を担う若者を主役に据え、持続可能な社会の形成に向けての「より本質的な課題は何か」という視点に立って、「今自分自身がコミットし、実行で きること」を彼ら自身の言葉でメッセージとして発信する計画です。アメリカ、オーストラリア、中国、メキシコ、モロッコ、ロシア、スイスといった五大陸か らの留学生と日本人学生の計9名を中心に、中国・北京とオランダ・アムステルダムの学生や愛知県下の大学から学生が参加、メイン会場であるEXPOドーム と北京、アムステルダムをインターネット中継で結び、世界各国の若者が対話し、未来についての構想を語ります。また、スペシャルライブゲストとして黒沢 薫(ゴスペラーズ)を迎え、ソロでのミニコンサートを実施するほか、アムステルダムと中継を結んで行うジャムセッションも開催します。


【各協力組織の、本件に関するお問い合わせ先】

【本件に関するお問合せ先】

WIDEプロジェクト 広報担当 : 石川 公子
URL: http://www.wide.ad.jp/index-j.html / e-mail: press@wide.ad.jp / Tel: 0466-49-3618
〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤5322 慶應義塾大学SFC研究所内

【参考資料】

PDF File愛・地球博での実証実験 (PDF File : 18ページ/685KB)

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞