japaneseenglish

news event

プレスリリース

INTEROP ロゴマーク

広帯域インターネットを用いた高精彩映像の双方向配信
~ 愛・地球博とInterop Tokyo 2005の会場間で非圧縮HDTV生中継を実施!~

WIDEプロジェクト
慶應工学会ギガハウスタウンプロジェクト
Interop Tokyo 2005

WIDEプロジェクト(代表 村井純)と、慶應工学会ギガハウスタウンプロジェクト(代表 小池康博)およびInterop Tokyo 2005は、日本電信電話株式会社とエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の協力を得て、非圧縮HDTV映像を用いた、リアルタイム・双方向コ ラボレーションの実証実験を、日本国際博覧会 「愛・地球博」の愛・地球広場と、幕張メッセで開催されているInterop Tokyo 2005の会場を相互に接続して行います。

  日本国際博覧会「愛・地球博」は、IT戦略本部が策定した「IT政策 パッケージ2005」の中で示されているとおり、我が国の最先端技術を内外に示す重要な場であり、本実証実験は、広帯域インターネットによる高精彩動画像 通信技術を広くデモンストレーションすると共に、非圧縮HDTV映像を用いた通信の低遅延環境における双方向コラボレーションを実証するものです。

  さらに、幕張メッセのInterop Tokyo 2005会場では、会場内に構築された10Gbpsクラスの次世代インターネットの縮図であるShowNetを介して、愛・地球広場から生中継で、非圧縮HDTVをはじめ各種メディアでインターネット放送を行います。

※慶應工学会 ギガハウスタウンプロジェクト : http://www.ght.jp/
小池康博 慶應義塾大学理工学部教授が発明した高速プラスチック光ファイバ(GI-POF)によるギガビットネットワーク・ブロードバンド実証実験。


■ 愛・地球博 ⇔ Interop Tokyo 2005会場 (生中継)

  本実証実験では、愛・地球博とInterop Tokyo 2005を、GMPLS技術を用いた広帯域インターネットを用いて非圧縮HDTV映像を双方向に転送し、万博「愛・地球広場」のセインカミュと幕張メッセ の慶應義塾大学の村井純が、未来の技術をテーマにしたトークショーを行います。今回は、NTT研究所が開発したi-Vistoによる非圧縮HDTV転送技 術を用いて、低遅延・高精彩な画像の転送を可能とし、双方向で何のストレスもなく会話ができる環境が実現できました。

  この生中継映像は、Interop Tokyo 2005会場に構築された10Gbpsクラスの次世代インターネットの縮図であるShowNetを介して放送します。ShowNetでは、会場の光ファイ バ(マルチモード光ファイバ)のほとんどにPoF(プラスチック・オプティカル・ファイバ)を用いることで扱いやすい次世代の広帯域ネットワークが構築 し、このネットワーク上に、IPv6のマルチキャスト技術を用いて、非圧縮HDTV映像、圧縮HDTV映像(MPEG2-HD)、DV映像、 Windows Media映像などが幕張メッセ内に放送されます。また、日本テレコム/Associo、IIJ、NTTグループなどの協力を得て、多数のCATV局のコ ミュニティチャネル(CATV自主放送)に配信され、さらにNTT西日本では、NTT西日本が提供している、フレッツユーザー向けのポータルサイト「フ レッツ・スクウェア」でも放送されます。

  インターネット放送技術としては、非圧縮HDTV、圧縮HDTV、IPv6マルチキャスト、DVTS、Windows Mediaを活用し、生中継をPoF(Plastic Optical Fiber)を用いて構築されたネットワークにて行います。

非圧縮HDTV 1.5Gbps over IPv6マルチキャスト
圧縮HDTV 80Mbps over IPv4ユニキャスト
DV 30Mbps over IPv6マルチキャスト
Windows Media Technology 1Mbpsストリーミング
300Kbpsストリーミング
56Kbpsストリーミング

■「リアルプロジェクト」イベント概要

  非圧縮HDTV映像のIP伝送(双方向)により「リアルプロジェクト」と題してシームレスな演出による番組を 「愛・地球博」(愛知県)とのコラボレーションにより実施します。開催日程は6月8日(水)、9日(木)の(13:00から13:30を予定)2日間で、 愛・地球博会場からは、愛・地球博の見どころや技術、ロボット技術を幕張に向けて発信し、幕張からは次世代インターネットの技術を解説し、ネットワークと 映像技術の融合の未来を体感できるイベントを行います。

実施日時: 2005年6月8日(水)、9日(木)
12:00~14:00の間で30分程度(13:00~13:30を予定)
  「愛・地球博会場」 「Interop Tokyo 2005」会場
実施場所: 愛・地球広場ステージ「Interop Tokyo 2005」会場 幕張メッセ 展示ホール5 ShowNetTVスタジオ
出演者: セインカミュ、万博関係者、
モリゾー/キッコロ
8日:中村 修 慶應義塾大学環境情報学部助教授 ほか
9日:村井 純 慶應義塾大学環境情報学部教授 WIDEプロジェクト代表 ほか
主催: WIDEプロジェクト・慶應義塾大学
後援: 総務省・経済産業省
協力: 日本電信電話株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、西日本電信電話株式会社、松下電器産業株式会社、朝日放送株式会社、シスコシステ ムズ株式会社


【本件に関するお問合せ先】

WIDEプロジェクト 広報担当: 石川
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス SFC研究所内 URL:http://www.sfc.keio.ac.jp/
TEL:0466-49-3618(直通) / e-mail:press@wide.ad.jp / URL:http://www.wide.ad.jp/

慶應工学会 ギガハウスタウンプロジェクト: 小池研究室 大津 
E-mail : ohtsu@mcc.sst.ne.jp / TEL:044-580-1563

Interop Tokyo 2005 運営事務局
メディアライブ・ジャパン(株)内
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-1 寿光ビル3F
E-mail:info-ni25@medialive.jp

以上

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞