japaneseenglish

news event

プレスリリース

2004年9月14日

IPv6が使える1CD Linux“KNOPPIX /IPv6”を開発、
国際認証IPv6 Ready Logo を取得

独立行政法人産業技術総合研究所
株式会社アルファシステムズ
WIDE プロジェクト

独立行政法人産業技術総合研究所【理事長吉川弘之】(以下「産総研」という)、株式会社アルファシステムズ【代表取締役社長小林孝】(以下「アルファシステムズ」という)、WIDE プロジェクト【代表慶應義塾大学教授村井純】は、CD 一枚で起動する次期インターネット基盤であるIPv6 対応Linux“KNOPPIX/IPv6”を開発した。

開発した“KNOPPIX/IPv6”は、産総研でメンテナンスを行っているLinux ディストリビューションである“KNOPPIX 日本語版”をベースに、アルファシステムズがWIDE プロジェクトで開発されているIPv6プロトコルスタックを導入したものである。
また、この“KNOPPIX/IPv6”は、どのPC でもCD 一枚でIPv6 対応する機能(ホスト)と中継機の機能(ルータ)とを併せ持つが、今回、それぞれの機能の動作確認が行われ、国際認証機関であるIPv6 Ready Logo Committee よりLinux ディストリビューションとして世界で初めて国際的接続認証IPv6 Ready Logo を 取得した。(2004 年8 月29 日付け)

“KNOPPIX/IPv6”のIPv6 機能が国際的に認定されたことにより、ユーザは安心して利用できると共に、他のIPv6 機器との相互認証が保証されることで、“KNOPPIX/IPv6”をベースにカスタマイズした製品も創出できることとなる。フリーソフトウェアで構成されているため、ライセンス規定さえ守れば独自のIPv6 関連アプリケーション追加も可能である。

IPv6 の普及においてはルータの普及が重要な課題であるが、価格の面などから現在それほど進んでいない。しかし、1CD の“KNOPPIX/IPv6”の導入により簡単にPC が試験的なルータ機能として利用可能となるため、利用環境の拡張によるIPv6 普及の促進が期待できる。

今後は、IPv6 普及・高度化推進協議会ショールーム(東京丸の内古河総合ビル1F)での当CD の無料配布や、CEATEC JAPAN 2004(2004 年10 月5 日~9 日、幕張メッセ)への出展などにより、IPv6 の普及促進を図るとともに、KNOPPIX の具体的な利用方法としての提示も積極的に行っていく予定である。


■ 研究の背景・経緯

    産総研情報技術研究部門の須崎有康主任研究員は、オープンソースソフトウェアの可能性を調べるため、オープンソースでどこまで使いやすいものができるかの検討・開発を行ってきた。この開発の際にCD 一枚で一般的なPC でハードディスクを利用せずに起動でき、アプリケーションも含めすべてオープンソースソフトウェアで構成されているKNOPPIX と出会い、ドイツ人開発者のKlaus Knopper 氏に連絡を取って日本語対応版の開発を行った。
    “KNOPPIX 日本語版”の公開後(Linux Conference 2002(2002 年9 月18 日~20 日)にて公開)、その利便性のため複数のPC 雑誌で取り上げられ、付録CD として添付された。CD 一枚で利用できる利便性にアルファシステムズが興味を持ち、メンテナンス・サポートをベースとしたビジネスの可能性を探る共同研究を起こした。
    アルファシステムズでは、通信関係のソフトウェア開発を主な業務としており、民間企業有志などで組織する「IPv6 普及・高度化推進協議会」に参加し、IPv6 の普及促進活動を進めている。KNOPPIX カスタマイズの可能性の提示も兼ねて、産総研と共同で“KNOPPIX/IPv6”の開発を進めており、これまで“ KNOPPIX 日本語版” の展示会での配布やショールームでの常設展示などを行ってきた。
    (“KNOPPIX/IPv6”の公開URL:http://www.alpha.co.jp/knoppix/ipv6
    WIDE プロジェクトでは、世界をリードしてLinux 向けのIPv6 スタックである「USAGI」の開発を行ってきている。その活動は世界的にも認められ、Linux カーネル2.6 から「USAGI」の成果がLinux カーネルに盛り込まれるようになっている。
    このような活動の中、“KNOPPIX IPv6“の更なる信頼性を獲得しIPv6 普及に貢献できるよう、国際的な接続認証制度であるIPv6 Ready Logo を3 者の協力で取得することとなった。


■ 研究の内容

    次世代インターネットプロトコルであるIPv6 の研究開発は、日本が世界をリードしながら進み、現在では普及促進段階に移行している。しかし、IPv6 が利用可能になるためには、OS のIPv6 対応、アプリケーションのIPv6 対応、ネットワークのIPv6 対応がそれぞれ必要であり、どれか1 つ欠けてもIPv6が利用可能にはならないため、普及に向けた課題となっている。
    “KNOPPIX/IPv6”は上記課題の解決策の1 つとして開発された。1CD OS の特徴を活かすことで、CD-ROMを起動するだけでインストールや設定なしでセットアップ済みのIPv6 環境が利用でき、特別な知識のない初心者でも気軽にIPv6 の世界を体験できる。具体的には、OS のIPv6 対応として、「USAGI」IPv6スタックが標準で搭載されている。また、アプリケーションのIPv6 対応としては、Web ブラウザ(Mozilla, Konqueror)、メールソフト(Sylpheed, Kmail)など、デスクトップ用途で一般的に利用するようなポピュラーなアプリケーションが収録済であり、どちらもインストールや設定が必要ない。 また、ネットワークのIPv6対応に関しては、ユーザがIPv6 接続環境を保持しているとは限らないため、IPv4 接続環境であってもそれを自動検出し、IPv6 接続環境に対してトンネル接続を行える6to4 機能が内蔵され、ユーザはネットワーク環境がIPv4 であるかIPv6 であるかを意識することなく利用することが可能である。

    “KNOPPIX/IPv6”のラベルデザインイメージ
    “KNOPPIX/IPv6”のラベルデザイン

    今 回は、この“KNOPPIX/IPv6”がLinux ディストリビューションとして世界で初めて国際的な接続認証制度であるIPv6 Ready Logo を取得することで、なお一層の信頼性向上を果たした。特に、認証の範囲が幅広い利用条件に及んでいる点は特筆すべきである。第1 にKNOPPIX はLinux カーネル2.4 と2.6の選択起動が可能となっており、この機能を活かしてカーネル2.4/2.6 の両方で取得を行った。第2 に、IPv6 Ready Logo では、単体で動作する機能(ホスト)と中継機の機能(ルータ)の審査を行っているが、両方の機能での取得を行った。以上により、様々な利用条件における IPv6 環境を網羅的にサポートした認証Logo 取得となっている。
    “KNOPPIX/IPv6”はIPv6 スタックやIPv6 対応アプリケーションをすべてオープンソースソフトウェアで構成したため、ソフトウェアのライセンス料が一切発生していない。これにより無償での公開や配 布が可能となる。また、改変も可能であり、“KNOPPIX/IPv6”ベースとしたプロダクトの創出機会も提供している。
    IPv6 の普及においてはルータの普及が重要な課題であるが、価格の面などから現在それほど進んでいない。しかし、1CD の“KNOPPIX/IPv6”の導入により簡単にPC が試験的なルータ機能として利用可能となるため、利用環境の拡張によるIPv6 普及の促進が期待できる。


■ 今後の予定

    今後の開発予定としては、XCAST6 に対応したKNOPPIX の開発をターゲットに考えている。XCAST6 とは、明示的マルチキャストと呼ばれる次世代マルチキャストのことで、多人数ビデオ会議などが容易に実現するための仕組みである。現在はプロトタイプの作成を進め接続実験を行っている。
    また、アルファシステムズでは、既にKNOPPIX を活用したビジネスを教育分野向けに開始しているが、その他の産業分野においても、KNOPPIX を活用したビジネスの検討を進めていく予定である。


    *1) IPv6
    IPv6 はInternet Protocol Version 6 の略である。インターネットプロトコルとは、インターネットの基盤として共通的に使われている通信手順(プロトコル)の名前。データをパケットと呼ばれる 小さな単位に分割し、パケットそれぞれをIP アドレスと呼ばれる送り先のタグをつけたうえであて先まで送る仕組みとなっている。現在一般に使われているものは、バージョン4 であるが、これの次のバージョンがIP バージョン6 である。
    現行のIPv4 では、インターネットの普及とともにコンピュータの接続台数が急速に増加したため、コンピュータ1 台ごとに固有の番号であることが必須であるIP アドレスの枯渇が懸念されている。IPv6に移行した場合、来るべきユビキタス社会において、テレビやエアコン、冷蔵庫といったデジタル家電や携帯電話、 自動車などあらゆる機器がネットワークに接続した際に、IPv6 の大規模なアドレス空間(およそ10 の38 乗)という特徴により、全ての機器にアドレスを振ることが可能になる。また、パケットそのものを暗号化してセキュリティを強化する、ネットワークの自動設 定機能により経路管理が楽になる、など情報機器環境の改善が可能となる。

    *2) Linux ディストリビューション
    オープンソースのパソコン用基本ソフト(OS)であるLinux とは基本ソフトのカーネル(核)となる部分のみを指す言葉である。Linux を実際に動くシステムとして使うには構築・運用に必要なシステムソフトウェアが必要となる。ディストリビューションとは必要なソフトウェアを一式まとめた 配布形態であり、まとめ方により幾つかの流派(「RedHat」、「slackware」、「Debian」)がある。

    *3) KNOPPIX 日本語版
    KNOPPIX とはドイツのKlaus Knopper 氏が開発を進めているCD 一枚のみで起動できるLinux である。
    産総研において日本語化のメンテナンスや仮想計算機対応を行っている。
    “KNOPPIX 日本語版”はハードディスクにインストールが不要のため、Windows がプレインストールされたPC でも簡単にLinux 環境を試すことができる。統合デスクトップ環境KDE、オフィスソフトウェアOpenOffice.org、Web ブラウザMozilla、メールソフトSylpheed などをまとめ、一枚のCD のみで一般的なDOS/V PC で簡単にLinux 環境を実現できる。また、これらのソフトウェアはすべてフリーソフトウェアであり、規定されたライセンス条件を守れば、コピー、改変、再配布も自由に行える。 改変に際しても「Debian」ディストリビューションベースにしているのでパッケージ管理が使え、容易に更新可能である。
    今までにもCD 起動のLinux は何種類か提案されてきたが、“KNOPPIX 日本語版”はハードウェアの自動認識・設定が優れており、DOS/V PC のハードの違いを認識して最適な設定を行う。また、独自の圧縮手法を用いて700MCD-ROM に1.8G 程度のコンテンツを収録し、且つ、使いやすいデスクトップ環境にまとめた点が評価を得ている。(参考:http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/ )

    *4) WIDE プロジェクト
    現慶應大学教授の村井純氏らが、コンピュータコミュニケーションを基盤にした新しいネットワーク環境の構築をテーマとして、1988 年に創始した研究プロジェクト。大学などの学術機関や企業など100を超える機関が参加している。(参考:http://www.wide.ad.jp/ )

    *5) オープンソース
    オープンソースとは、ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを公開し、誰でもそのソフトウェアの改良・再配布ができるようにすることである。これは、 有用な技術を共有することにより、誰もが自由にソフトウェアの開発に参加することができるため、より良いソフトウェアが生まれるという考えに基づいてい る。

    *6) USAGI
    WIDE プロジェクト内で進められている、Linux 上にIPv6、IPsec 及び高度なネットワーク技術に関するライセンスフリーな参照コードを実現するための研究開発。

    *7) トンネル接続
    IPv6 のパケットをIPv4 のパケット内にカプセル化して、IPv4 インターネット上にIPv6 パケットを
    流す技術。

    *8) 6to4
    IPv4 のインターネット接続環境しかなくても、IPv6 ネットワークにつなげることができる技術。
    “KNOPPIX/IPv6”では、この6to4 トンネルはインターネット接続されたことを検知し自動的に設定される。6to4 トンネルとしては、世界中で公開されている複数の6to4 トンネルを利用している。(参考:http://www.6to4.jp/relay-list.html

    *9) XCAST6
    IETF(Internet Engineering ask Force)にて標準化作業を進めている明示的マルチキャスト。少人数向けのビデオ会議などのアプリケーションにとって、利便性の高いマルチキャストプロ トコルとして期待されている。(参考:http://www.xcast.jp/


■ 本件に関する問い合わせ先

  • 独立行政法人産業技術総合研究所
    情報技術研究部門
    主任研究員須崎有康
    〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第2
    TEL:029-861-5862 FAX:029-861-5909
    E-mail:k.suzaki@aist.go.jp
  • 株式会社アルファシステムズ
    技術推進本部技術推進部第一システム研究課
    係長千葉大作
    〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中6-6-1
    中原テクノセンター1 号館
    TEL:044-738-4126 FAX:044-738-4162
    E-mail:chibad@alpha.co.jp
  • WIDEプロジェクト
    広報担当石川公子
    〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤5322 慶應義塾大学SFC 研究所
    TEL:0466-49-3618 FAX:0466-49-3622
    E-mail:press@wide.ad.jp

以上

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞