japaneseenglish

news event

プレスリリース

2003年3月28日

国内最大のインターネット相互接続ポイントNSPIXP-2、都内6拠点での分散運用を開始
NSPIXP-2の分散化に伴い、名称をdix-ie(Distributed IX in EDO)に変更

WIDEプロジェクト 代表 村井 純

 WIDEプロジェクト(代表 慶應義塾大学環境情報学部 教授 村井 純)は、本日3月28日、日本最大のインターネット相互接続ポイントである dix-ie(ディクシー)の東京都内6拠点での分散運用を開始しました。この本運用開始に伴って、従来のNSPIXP-2の名称を、dix-ie(Distributed IX in EDO)と変更しました。

  dix-ie は、WIDEプロジェクトが1995年より 「NSPIXP-2」の名称で研究開発を行ってきた、インターネットの相互接続実証実験のIXP(インターネット相互接続ポイント)です。 現在、60社以上のインターネットサービスプロバイダ(ISP)を東京・大手町の KDDI株式会社大手町ビル内において相互に接続し、国内最大規模のインターネット相互接続ポイントとなっています。2001年6月からは、IP version 6への対応と、都内複数拠点での相互接続を実施するための「接続ポイントの分散化」に関する研究開発を進め、このたび本運用を開始することになりました。 またこれに伴い、名称をNSPIXP-2 からdix-ie(Distributed IX in EDO)と変更しました。

  dix-ieは、MCIワールドコム・ジャパン株式会社(接続地点:中央区)、三菱電機情報ネットワーク株式会社(品川区)、NTTコミュニケーションズ株式会社(千代田区)、 株式会社パワードコム(江東区) 、アバヴネットジャパン株式会社/グローバルソリューション 株式会社(中央区)の5社5ヶ所を、KDDI株式会社の大手町ビル(千代田区)から光ファイバで接続し、10Gbit EthernetやGigabit Ethernetの多重技術を用いることにより、4Gbpsから10Gbpsの帯域で相互接続しています。

  この分散拡張化 により、それぞれの場所でコンテンツ提供サービスを行っているコンテンツサービスプロバイダは、dix-ieに接続されたISPに対して良好なコンテンツ 配信環境が整い、広帯域化(ブロードバンド化)を促進することになります。また、ISPやコンテンツサービスプロバイダは、自由にサービスを提供する場所 を選択できるようになります。

  WIDEプロ ジェクトでは、インターネットの相互接続ポイントの広帯域化や安定運用技術の研究開発および実証実験を行ってきており、また、次世代のインターネットプロ トコルであるIP version 6による相互接続ポイントの実験を推進しています。 dix-ie の運用は、次世代のインターネットの発達において礎となる必要不可欠な研究であると考えており、引き続きISPやコンテンツサービスプロバイダ、および データセンターと協調し、研究開発を進めてまいります。



■ dix-ie 接続場所

  • KDDI株式会社
    東京都千代田区大手町 KDDI大手町ビル
  • アバヴネットジャパン株式会社 / グローバルソリューション株式会社
    東京都中央区日本橋 ComSpace
  • MCIワールドコム・ジャパン株式会社
    東京都中央区 ワールドコム新川データセンター
  • 三菱電機情報ネットワーク株式会社
    東京都品川区 NFパークビル
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
    東京都千代田区 NTTコム大手町ビル
  • 株式会社パワードコム
    東京都江東区豊洲 @Tokyo中央センター

■ 本件に関する問い合わせ先


■ 関連組織の問い合わせ先

以上

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞