japaneseenglish

news event

プレスリリース

平成14年6月13日

WIDEと富士通が、アジア初のインターネットの国際技術会議をサポート

「IETF横浜会議」のホスト/スポンサーとして、さらなるインターネットの進化に貢献

WIDE Project
富士通株式会社

 WIDE Project(代表:慶應義塾大学環境情報学部教授 SFC研究所長 村井純、以下WIDE)(*1)と 富士通株式会社(社長:秋草直之、以下富士通)は、世界の第一線の技術者が一堂に会し、インターネットの標準化に関する議論を行う場として、7月14日よ り開催される「第54回IETF横浜会議」をサポートいたします。具体的には、WIDEがホスト、富士通がスポンサーとして、最先端のインターネットアク セス環境、ターミナルルームを提供するとともに、ソシアルEvent(参加者交流パーティ)等を通じて、世界30数ヶ国から参加する産学官の技術者・研究 者約2000名の交流を推進してまいります。

  IETF(Internet Engineering Task Force)は、TCP/IPやIPv6(*2)等、インターネットプロトコルの標準化を推進するオープンな国際組織です。IETFで策定された標準仕様は、RFC(*3)として知られており、そのメーリングリスト上では、誰もが自由に、インターネットの標準化作業に参加することが出来ます。また、年3回開催される国際会議では、最新の技術に関する活発な議論が行われており、今回、アジアでは初めて日本で行われることになったものです。

  より便利で快適な社会生活の実現に向けて、インターネットの重要性はますます高まっています。今後、インターネットが、より高度で信頼できる社会基盤として発展するためには、さらなる技術の改良、新技術の創出が不可欠です。

  WIDEと富士通は、本会議の成果が、必ずや今後のインターネット技術のさらなる進化、ひいては社会の発展に貢献するものと確信しており、本会議を積極的に支えてまいります。


【ホスト/スポンサーの役割について】

  IETFにおいては、参加者は、会議以外の場においても、会場内の参加者を含む世界中の技術者とインターネットを活用した議論を行います。WIDEと富士通は、ホスト/スポンサーとして、参加者が快適な環境で議論に集中出来るよう以下の取り組みを行います。

  • 会場内における最先端のネットワークインフラの設計・構築・運用
    IPv4とIPv6の相互接続を実現するとともに、無線LAN等の先進的なインターネット環境を提供するためのネットワークインフラの設計・構築・運用を行います。
  • ターミナルルームの設置
    参加者が、PCとインターネットアクセスを24時間自由に利用できるターミナルルームを設置します。

  • ソシアルEventの開催
    7月16日(火)夜、パシフィコ横浜展示ホールにおいて、各国の参加者がフェース・トゥ・フェースで交流するためのパーティを開催します。

  なお会場で使用するルータ、スイッチ、サーバ、無線LAN基地局、大型プラズマディスプレイ、液晶プロジェクタ、ネットワーク管理ツール、及びターミナルルームのPC等は富士通が提供します。

  さらに、コントリビュータとして、以下の各社のご協力を頂いております(敬称略/順不同)。

  また、開催場所である横浜市(http://www.city.yokohama.jp/)にご協力頂いております。


【IETF横浜会議について】

  IETFの会議は年3回開催され、通常は、この内、2回が米国、1回が米国外での開催となります。今回初めて、アジアで開催されることとなりました。会期中には、1日3_4セッションのWG(Working Group)が、8つの会議室で並行して進められます。 URL : http://www.IETF.org (参加申込もこちらから/事前申込は7月2日(火)午前1時まで)
開催期間:7月14日(日)~7月19日(金)
開催場所:パシフィコ横浜 会議センター
     (〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1丁目1番1号)
参加者 :世界30数ヶ国から約2000名

主なスケジュール(予定):

7月14日(日):IETFビギナー向けセッション/Welcome Reception
7月15日(月):会議初日(WGの会議_19日まで)
7月16日(火):Social Event (ホスト/スポンサー主催の参加者交流パーティ)
7月17日(水):IESGプレナリ (全体総会)
7月18日(木):IABプレナリ (全体総会)
7月19日(金):会議最終日
※詳細スケジュールは、会議開催前にIETFのウェブサイトで発表されます。


そ の 他:

「NetWorld+Interop 2002 Tokyo」の期間中、「IETF横浜会議セッション」が行われます。 日時:7月3日(水) 18:30~19:30
場所:幕張メッセ 国際会議場 2階 201号室
講師:慶應義塾大学環境情報学部 教授 村井 純
   慶應義塾大学環境情報学部 助教授 中村 修
   東京大学大学院 情報理工学系研究科 助教授 江崎 浩
参加費:無料
対象:一般来場者、プレス関係者
URL:http://www.interop.jp

【用語解説】

*1: WIDE Project
WIDE:Widely Integrated Distributed Environments. 1988年に、慶應義塾大学の村井純教授が中心となって設立されたオペレーティングシステムと通信技術を基盤とした新しいコンピュータ環境の確立を目指す 研究プロジェクト。黎明期より、日本のインターネット技術発展において中心的な役割を果たしている。

*2: IPv6
Internet Protocol Version 6. IETFが標準化を推進している新しい通信プロトコル。アドレス数の128ビット化(現在のIPv4は、32ビット)による飛躍的増大、パケットヘッダの簡素化、セキュリティ機能の追加などを特長とする。

*3: RFC
Request for Comments. IETFにおいて策定されたインターネットの標準化仕様。インターネット上で公開されており、誰もが容易に参照することが出来る。

以上  

●お問い合わせ先

WIDE Project
メールアドレス press@wide.ad.jp
URL : http://www.wide.ad.jp/
電話 (0466)-49-3618 (慶應SFC研究所内)
Fax(0466)-49-3622

富士通株式会社
政策推進本部 ネットワーク・メディア企画部
メールアドレス ietf54@fujitsu.com
URL : http://jp.fujitsu.com
電話(03)-3215-3083(直通)

  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞