japaneseenglish

news event

プレスリリース

2006年

12月21日 ファシリティ・ネットワーキング相互接続性コンソーシアムのラボ開設に協力
12月06日 第2回日伊国際シンポジウムにおいて、日伊間を結ぶイ ンターネットでの接続、および遠隔シンポジウム形式での中継に協力
10月19日 AI3・SOI Asiaプロジェクト記念シンポジウム報告
10月11日 アジアのインターネット研究開発と高等教育を牽引して10年、AI3・SOI Asiaプロジェクト記念シンポジウム開催
9月20日 SOI Asia Project、10カ国19組織による Global E-ワークショップ2006を開催(英語)
9月13日 WIDEプロジェクト、Linuxカーネルネットワーク開発者会議 Netconf 2006を支援
7月19日 TransLight/Pacific WaveとTransLight/Starlightが10Gigabit Ethernetで直接接続
6月16日 WIDEプロジェクトとInternet Systems Consortiumが東芝と共同でBIND9の高性能化を完了 - 次世代インターネットの基盤作りに貢献 -
6月7日 WIDEプロジェクトと日商エレが次世代データセンターの構築と共同実証実験を開始
6月1日 USAGIプロジェクトが、平成18年度情報通信月間総務大臣表彰を受賞
3月23日 アラクサラがWIDEプロジェクトと共同で企業における10Gbit/sネットワーク環境に関する実証実験を推進
3月9日 東京大学を中心とした研究チームがインターネット速度記録を更新 -IPv4, IPv6の両速度記録を更新-

2005年

12月20日 WIDEプロジェクトとJPRSがRoot DNSサーバの共同運用を開始 - インターネット全体のさらなる安定性向上への寄与を目指して -
11月22日 シアクアラ大学(インドネシア・アチェ州)への災害復興プロジェクト
11月17日 日本の研究チームがインターネット速度記録全種目を獲得-従来のIPv6速度記録を大幅に更新-
11月16日 アジアの11カ国20大学と協力して、世界初の広域IPv6マルチキャストを利用した次世代遠隔教育基盤を構築
11月7日 KAMEプロジェクトの完成宣言 ~ IPv6研究開発は、運用と応用に軸を置いた新段階へ ~
(KAMEプロジェクトの功績に対して寄せられた言葉 ~ Vinton G. Cerf博士、Bill Joy氏、Fred Baker氏、Brian E. Carpenter博士 ~ )
9月21日 「インターネットメトロノーム」による遠隔ジャズセッションに日蘭間で初めて成功
9月16日 愛・地球会議クロージングフォーラムでの次世代インターネット技術の実証実験
8月10日 ハワイと東京・科学技術館を結ぶ遠隔授業「すばるマカリィ・スクール」に協力
8月5日 村井純、IETFにおいてポステルアワードを受賞
7月4日 ディープ・インパクトプロジェクトにおいて、すばる望遠鏡からの観測映像の伝送に技術協力
6月9日 愛・地球博とInterop Tokyo 2005の会場間で非圧縮HDTV生中継を実施
5月6日 日本の研究チームがインターネット速度記録を大幅に更新
4月8日 Mobile IPv6/NEMOに対応したモバイルルータ、救急及び消防活動現場を画像で結ぶ支援システムに活用。
2月24日 SOI Asiaシンポジウム:スマトラ沖大地震によるインド洋大津波:アジアの大学から世界へ
2月24日 SOI Asiaプロジェクトのパートナーが11カ国17大学に拡大
1月27日 グローバル超高速インターネットテストベッドを用いた高精細リアルタイム動画を用いた遠隔講演に成功しました。
1月19日 スマトラ島沖地震対応IAAシステムの起動について
1月13日 インターネット速度記録に日本の研究チームが認定されました。

2004年

12月1日 JPNICとともに「VoIP/SIP相互接続検証タスクフォース」を設立しました。
10月20日 世界最長の10Gigabit イーサネットネットワークが東京とCERN研究所(在スイス)間で米国、カナダ、オランダの研究ネットワーク連合により実現しました。
追記:11月15日 「インターネット通信性能で世界最高を達成」
9月29日 Telehouse Europe、Renater、France Telecomの協力により、Root DNS サーバのパリでの運用を開始しました。
9月14日 IPv6が使える1CD Linux“KNOPPIX /IPv6”を開発、国際認証IPv6 Ready Logo を取得しました。
6月30日 次世代の研究教育用ネットワーク運用組織であるIEEAFが、日米間に10Gbpsのラムダベースのネットワークの運用を開始しました。
6月28日 ラムダネットワーク時代のパブリックな相互接続ポイント、T-LEXの運用を開始しました。
6月22日 株式会社 日立製作所と共同し、10GBASE-EWを用いた10ギガビット・イーサネットの日米間通信実験に成功しました。
3月17日 シスコシステムズと大規模次世代網の構築と共同実証実験を開始しました。

2003年

11月19日 データレゼボワール・プロジェクトチームがファイル転送速度の世界記録を更新したバンド幅チャレンジ2003に協力しました。
11月10日 データレゼボワール・プロジェクトチームが実現した、日米間インターネット上で、平均6.8Gbpsのディスク間データ転送実験に協力しました。
8月5日 WIDEプロジェクトとJPRSが災害時や非常時に向けて「JP」ドメインサーバの本格的な可用性確保策を実施
-- JP DNSの地理的分散化、サーバ名の統一を開始 --
6月27日 6月27日昼に発生した経路制御上の問題について
4月28日 IPv6 Forum creates first published IPv6 acceptance standard with "IPv6 Ready" logo."Kick-off at the Global IPv6 Summit Madrid!" Tokyo/Boston/Luxembourg, April 28, 2003 [PDF File:95.5KB]
3月28日 インターネット相互接続ポイントdix-ie 分散運用を開始

2002年

7月9日 2002年7月9日12:50から13:40頃に発生したNSPIXPのトラブルについて
6月13日 WIDEと富士通が、アジア初のインターネットの国際技術会議をサポート
3月22日 School of Internetワーキンググループ、米国および国内複数大学とのマルチキャスト実証実験を実施

2001年

6月6日 インターネット相互接続ポイントの東京メトロポリタンエリアでの分散拡張化を実施

2000年

12月18日 LINUXのIPv6化に関する産学共同プロジェクト発足
6月27日 三宅島火山活動に伴う緊急対応について
4月6日 有珠山噴火に対するWIDE Projectの取り組みについて
1月7日 「第5回インターネット災害訓練」実施について

1999年

8月28日 「平成11年度 被災者支援広域情報通信実験」への技術協力について

1998年

11月18日 「第4回インターネット災害訓練」実施について (PDF版)
8月28日 「平成10年度 被災者支援広域情報通信実験」への技術協力について
1月16日 第3回インターネット災害訓練の実施についてのお知らせとお願い(公開実験会場の追加)
1月13日 第3回インターネット災害訓練の実施についてのお知らせとお願い(訓練内容)

1997年

11月17日 「第3回インターネット災害訓練」実施について

1996年

12月27日 「第2回インターネット災害訓練」実施について
  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞