japaneseenglish

about wide

インターネット黎明期から、挑戦するテーマは尽きません。

たった2台のコンピュータ通信から始まった、ネットワーク環境黎明期から20余年。WIDEプロジェクト発足から16年が経過しました。この間、産官学を問わず多様な団体や研究者たちの連携により、数多くの新しい試みが成果をおさめてきました。そして今、時代は10Gbps環境を手に入れようとしています。今日見られるインターネット環境構築の一翼を担ってきたWIDEプロジェクトの歴史は、インターネットの進化の歴史と共にあります。

¦1982¦ 慶應大矢上校舎内にネットワークを構築
¦1984¦ 東工大、慶應大間を接続(300bps)
東工大、慶應大、東大間を接続(1200bps)
JUNET運用開始
¦1985¦ 「WIDE研究会」(WIDEプロジェクト前身)発足
¦1986¦ 日本語メール開始(JUNET)
米国CSNETに初めての国際接続(JUNET)
¦1988¦ WIDEプロジェクト発足
5月 合宿を実施
7月 東大-東工大間を接続(64kbps)
¦1989¦ 1月 慶應大(矢上)-東大間を接続(64kbps)
1月 NACSISの協力のもとNSFに接続(9600bps)
1月 WIDEプロジェクトがハワイ経由対米専用線接続(64kbps)
8月 NOC東京設置(岩波書店)
11月 NOC京都設置(京都高度技術研究所)
¦1990¦ 3月 NOC大阪設置(千里国際情報事業財団)
4月 NOC-SFC設置(慶應大湘南藤沢キャンパス)
12月 NOC福岡設置(システムソフト)
¦1991¦ 8月 NOC仙台設置(AIC)
10月 SFC-ハワイ大間を増速(192kbps)
10月 WIDE Campにネットワーク導入(64kbps)
¦1992¦ 6月 INET'92主催(神戸)
7月 NOC広島設置(広島大)
12月 IIJと相互接続
¦1993¦ 4月 NOC奈良設置(奈良先端科学技術大学院大)
5月 NOC北海道設置(札幌エレクトロニクスセンター)
6月 国際接続をハワイ大からNASAに変更(FIX-W)
¦1994¦ 7月 初のNetworld+Interop '94 Tokyo開催、技術協力(幕張)
7月 NOC浜松設置(静岡大)
7月 NOC八王子設置(東京工科大)
9月 WIDE CampにVSAT可搬局設置(2Mbps衛星回線)
12月 NOC-SFO(サンフランシスコ)を設置し国際回線を1.5Mbpsに増速
12月 NSPIXP-1 運用開始
¦1995¦ 9月 NOC岐阜設置(ソフトピアジャパン)
9月 NOC小松設置(北陸先端科学技術大学院大)
10月 AI3 プロジェクト開始
11月 坂本龍一氏のコンサートをインターネットで中継(武道館)
¦1996¦ 1月 IWE '96開催 1月〜12月(T3国際線をバックボーンとして利用)
1月 第1回インターネット災害訓練実施 — IAA
6月 東京-奈良間で初のIPv6専用線を運用
6月 アトランタ・オリンピックのサイト運営に協力
6月 NSPIXP-2 運用開始
6月 スタンフォード大他とモバイル・コンピューティングの共同実験開始
9月 Kuバンド衛星通信を利用した AI3 ネットワーク運用開始
¦1997¦ 1月 第2回インターネット災害訓練実施 — IAA
8月 M Root DNS サーバ 運用開始
9月 SOIプロジェクト開始
10月 NSPIXP-3 運用開始(大阪)
¦1998¦ 1月 第3回インターネット災害訓練実施 — IAA
2月 長野オリンピック、長野パラリンピックのサイト運営に協力
4月 KAMEプロジェクト発足(2006年3月まで)
10月 WIDEプロジェクト10周年記念シンポジウム開催
¦1999¦ 1月 第4回インターネット災害訓練実施 — IAA
7月 NOC-SFO廃止、NOC-LA新設(ロサンゼルス)
8月 Cバンド衛星通信を利用してAI3ネットワーク拡大
8月 NSPIXP-6運用開始
8月 APNICから最初のIPv6アドレスを受領
9月 ”LIFE - 坂本龍一オペラ1999“技術協力
9月 IETF IPngWG Interim Meeting をホスト
9月 慶應大、ウィスコンシン大、奈良先端大でDV/IPv6 を利用した遠隔授業開始 — SOI
¦2000¦ 1月 第5回インターネット災害訓練実施 — IAA
3月 e-friendsプロジェクト開始
7月 INET 2000開催 (横浜)
7月 iGrid 2000開催 (横浜) INET2000と同時開催
11月 インターネットコンファレンス 2000 共催(横浜)
11月 Cisco URPワークショップ(三田)
12月 Internet Week 2000開催 (大阪)
12月 Global IPv6 Summit in Japan開催 (大阪)
¦2001¦ 1月 第6回インターネット災害訓練実施 — IAA
2月 IPcar実証実験(横浜)技術協力
4月 SOI-Asia プロジェクト開始— SOI 
4月 SOI スタジオプロジェクト開始 — SOI
11月 インターネットコンファレンス2001 共催 (大阪)
12月 Global IPv6 Summit in Japan開催 (横浜)
12月 IPcar実証実験(横浜)技術協力(2002年1月まで)
12月 Net.Liferium 2001技術協力
¦2002¦ 1月 UDLR技術を利用したAI3ネットワークの機能拡張
1月 スタンフォード大にてワークショップを開催
1~3月 インターネットITS実証実験(名古屋、首都圏)実施
7月 54th IETF開催 (横浜)
9月 M Root DNS サーバ Anycast In a Rack 運用開始
10月 KAMEプロジェクトが平成14年度情報通信月間総務大臣表彰を授賞
12月 Global IPv6 Summit in Japan開催 (横浜)
¦2003¦ 3月 Net.Liferium 2003技術協力
4月 NSPIXP-2 東京メトロポリタンエリアでの分散運用開始、名称をDIX-IEに変更
12月 IPv6  Technical Summit  2003開催(横浜)
¦2004¦ 4月 JGN-2 に接続
5月 MobiHoc2004開催(東京/六本木)
6月 T-LEX および IEEAF 太平洋回線運用開始
7月 M Root DNS サーバ Seoul 運用開始
9月 M Root DNS サーバ Paris 運用開始
12月 東京大学のIPv4 Land Speed Record 樹立に協力
¦2005¦ 2月 SOI Asia シンポジウム”スマトラ沖地震によるインド洋津波〜アジアの大学から世界へ“
6月 愛知万博-幕張間で非圧縮HDを用いた高精細動画像の遠隔コラボレーションを実現
8月 村井純、IETFにおいてポステルアワードを受賞
8月 ハワイ・マウナケア山頂のすばる望遠鏡から、愛知万博会場への遠隔授業を支援
8月 ソウルにてワークショップを開催
9月 愛知万博-アムステルダム間で非圧縮HDを用いて遠隔ジャズセッションを支援
10月 プーケットにてワークショップを開催
11月 東京大学のIPv6 Land Speed Record樹立に協力
11月 インドネシアアチェ州シアクアラ大学にAI3を利用した災害復興協力
11月 KAMEプロジェクトの完成宣言
¦2006¦ 3月 東京大学のIPv4, IPv6 Internet2 Land Speed Record 更新に貢献
6月 USAGIプロジェクトが平成18年度情報通信月間総務大臣表彰を授賞
7月 TransLight/Pacific WaveとTransLight/Starlightが10Gigabit Ethernetで直接接続
9月 GLIF Workshop を NICT/NII と主催
9月 SOI Asia Project 10カ国19組織による Global E-Workshop 2006を開催
10月 AI3 Project 10周年シンポジウムをインドネシアで開催
  • NSPIXPリンク
  • SOIリンク
  • AIIIリンク
WIDE賞